キャリアについてのよしなし

MBAで元エージェントの外資系採用マネージャーがキャリア形成の戦略と定石を解説します 毎週木曜を含む週1〜2回更新

競争力のあるキャリアを作るのは難しくない、学ぶことさえ止めなければ

新型コロナウイルス禍は私たちの日常風景をすっかり変えてしまいました。新聞を見れば「歴史的」「史上初」「過去最多」といった形容詞がならび、1ヶ月先の状況さえ十分に見通せません。 いわゆるVUCA、変化が大きく(Volatile)、不確実で(Uncertain)、複…

リストラ・被買収など大きな変化のただなかで情報を正しく認識するコツ

景況感の悪化にともない、今後職場にリストラ・企業買収といった大きな変化が押しよせるケースが増えてくるのではないかと思います。今日はこういうケースで「辞めるor留まる」といった意思決定を正しく行うために、社内で飛び交う情報・噂話や自分の置かれ…

新型コロナウイルス下の就活・マスク着用の是非は?対面かTV会議か?

コロナ渦中の今年の就活の難しい点としてて、「面接にマスクをつけていくべきか否か(マスク問題)」や、あとは面接で対面かリモート(TV会議)か選べる状況になったときどちらを選ぶべきかといったポイントがあります。 今日はこれらの点についての基本的な…

新型コロナウイルスの就活への影響:スケジュールや採用人数について

最近学生さんにも「就職の参考になります!」と言ってもらえることがあります。ありがたい限りです。 さて今日は新型コロナウイルスの影響が拡大する中、今年の就活戦線をどう戦うべきかを2日連続で解説します。私の採用業界人脈をフルに活用した最新情報を…

「えっ、私の年収低すぎ?」はなぜ起きるのか - (プロが教える年収アップ戦略⑤)

年収アップ戦略の5回目です。各回の記事こちら↓ 特集:プロが教える年収アップ戦略 (戦略①) 基本的な考え方、年収上がり幅÷投下労力を最大化する (戦略②) GAFAの儲けに乗っかって年収を上げる方法 (戦略③)東京で消耗する価値とは? (戦略④)未来のマーケット…

JACリクルートメント -外資系や英語求人に強い転職エージェント

JACリクルートメントは良く知ってる会社の一つです。 一応人材紹介の大手3社の一角ということになってますが、リクルートエージェントやDODA(パーソルキャリア)、パソナキャリアなんかとは明らかにターゲットが違うかんじです。 ここのコンサルタントもや…

【業界分析2】各業界カテゴリーの特徴と、高年収を狙う会社の選び方

ということで前回の続きです。前回記事はこちら↓ www.career-yoshinashi.com 前回のおさらいですが、世の業種は労働集約度の高い・低い現時点での労働生産性の高い・低いという2軸で分類することができます。 そして高年収を狙うためには【まずは上半分、労…

【業界分析1】高年収につながる業界選び(就活・第二新卒・バックオフィスの転職)

年収が高い業界をどう見極めればいいのか?就活や第二新卒・バックオフィスの転職など、業界選びの選択肢がたくさんある時、何を基準に選んだらいいのか?出世に興味ない人はベンチャーに行った方が良いって本当?今日はこういった疑問に答えます。 【目次】…

転職の上限年齢・限界年齢は実際のところ何歳なのか

40代・50代の転職が難しいって本当?転職の上限年齢は 何歳?最初の転職は何歳までが望ましい?転職の年齢にまつわる疑問を元エージェント・外資系企業採用マネージャーの視点で解説します。 【目次】 転職するだけなら50歳前後でも可能だが、最初の転職は…

コロナウィルスは採用、特に外資系の採用を止めてしまうのか - 転職マーケット展望

4月15日追記:思った以上に継続的にアクセス頂けるためアップデートしました 新型コロナウィルスによる肺炎の影響がいよいよ深刻な様相を呈し始め、各企業への採用活動に影響をおよぼしはじめています。 私の所属する企業(とある外資系メーカー)も例外では…

30代、年収に恵まれている営業事務の方のキャリア相談

今回はひさびさに転職相談をいただいたので回答します。 【相談内容】31歳女性、独身です。上位校とされる私大文系を卒業後、2回の転職をへて今はある大手企業の子会社で営業事務をしています。 今の会社に6年ほど勤めて現在の年収は額面500万円ほど、残業…

大企業からベンチャー・スタートアップへの転職の注意点(サイズ変え転職・2)

前回の続きです。今回はそれなりに発生するであろう、大企業から中小・スタートアップへの転職でありがちな落とし穴について解説します。特にベンチャーっぽい立ち上げ・成長期の会社に興味のある方に見てもらえると幸いです。 このパターンは大企業ならでは…

中小・スタートアップから大企業への転職の注意点(サイズ変え転職・1)

さて今回は「サイズ感の大きく変わる転職は意外と難しい」という話をします。 たとえば企業の従業員数のケタがひとつ変わる、そんなイメージですが、エージェントとして企業の採用担当ときて、数多くの転職を見てきた中で分かった、典型的な失敗パターンをご…

ロバート・ウォルターズ大阪オフィスの評価や案件【現役採用Mgr.が評価】

ロバート・ウォルターズ大阪オフィスについて採用マネージャー的視点から評価したいと思います。(※正式社名はロバート・ウォルターズ・ジャパン。以下ロバート・ウォルターズ) 【目次】 数少ない外資系エージェントの大阪オフィス オフィスの場所 持ってい…

好きな仕事・業界の年収が低いときどうすべきか

ファッションが好き、出版が好き、という具合に特定の業界の中で働くことがモチベーションになる人は少なくありません。 ところが以前のエントリーで書いたように、業界構造はそこで働く人の年収を大きく左右します。 もし自分が大好きな業界が構造的な低年…

不況期に就職・転職すべきか?~不況をやりすごす戦略~

今回は (プロが教える年収アップ戦略④)未来のマーケットバリューに継続投資し、好況時に回収する に関連して、「どうやって個人として不況をやり過ごすか」という戦略について解説します。 上記記事で書いたように、自己投資の成否は投資回収のタイミングに…

日本で社内公募が増える理由、これからは自律的なキャリア形成が必要な時代に?

社内公募は外資だとほとんどの会社が導入しています。日本ではまだそれほど一般的ではないですですが、今後まちがいなくこれが一般化します。 なんで今そんなに一般的じゃないかというと、日本では会社が一人一人の人事の決定権を持っているからです。 社内…

ITのプログラマー・エンジニアはどこに住むべきか

前々回のエントリーでは 給料を上げたいと思うなら、まずは一にも二にも住む場所を変えること そしてそれはソフトウェアなどのイノベーション型産業が集積している場所、日本ならズバリ圧倒的に東京 ということを書きました。 今回はその補足みたいな話です…

(プロが教える年収アップ戦略④)未来のマーケットバリューに継続投資し、好況時に回収する

年収アップ戦略の4回目です。各回の記事こちら↓ 特集:プロが教える年収アップ戦略 (戦略①) 基本的な考え方、年収上がり幅÷投下労力を最大化する (戦略②) GAFAの儲けに乗っかって年収を上げる方法 (戦略③)東京で消耗する価値とは? (戦略⑤)「えっ、私の年収…

(プロが教える年収アップ戦略③)東京で消耗する価値とは?

年収アップ戦略の3回目です。各回の記事はこちら↓ 特集:プロが教える年収アップ戦略 (戦略①) 基本的な考え方、年収上がり幅÷投下労力を最大化する (戦略②) GAFAの儲けに乗っかって年収を上げる方法 (戦略④)未来のマーケットバリューに継続投資し、好況時に…

(コラム)マーケットバリューという言葉が気持ち悪いのは当然、という話

世の中マーケットバリュー(市場価値)という言葉が氾濫していまして、私のサイトでも多分エントリー2回に1回くらいはマーケットバリューって言ってるように思うのですが、この言葉が嫌いな人が一定数います。 こんなサイトを運営しておきながらなんなんで…

英語の市場価値をプロが解説【転職?年収アップ?】

●英語力をつけることでどのくらい転職しやすくなるの?英語力が有利になる職種は?●年収アップにつながるって本当?●AIや通翻訳アプリの精度が上がってきてるけど英語力は無駄にならないの? ・・・現役の外資系採用マネージャーの私がこうした疑問に答えましょ…

自己投資のコツ、どんなスキルに投資するのがおすすめか

今回は市場価値(マーケットバリュー)の上げかた、 特に社会人の自己投資のコツについて、私がリアルオプション自己投資と呼んでいる手法をご紹介します。 【目次】 自己投資の上手な人・下手な人 自己投資のリスク面とは 自己投資の2つのリスク ①環境変化…

転職マーケット展望(2019年12月)、若手である限り当面は売手市場

最新の転職マーケット動向について取り上げます。前回のマーケット動向はこちら。 www.career-yoshinashi.com 直近の転職マーケットはどうなってるでしょうか? 最新の雇用動向は? ではまず最近のニュースから見ていきたいと思います。 日本の景気 雇用に変…

肩書き・出世に興味がない人のための会社選びのポイント

近年の若手・ミレニアル世代(80年代-90年代中盤に生まれた世代)の価値観のトレンドとして昇進やタイトル(肩書き)を重視しなくなっているというのがあります。 一方、「自分の会社を持つ(5%)」「組織のトップに立つ(3%)」「部下を管理する(3%)」と…

日本人にとっての海外MBAの本当の価値、費用回収の現実は?

今回はそこまで需要のなさそうなテーマですが、日本人にとっての海外MBAのリスクと価値について。 私はわざわざ会社を辞めて自腹で留学し(私費留学)ヨーロッパの某国でMBAを取得してるのですが、私自身の実感をもとに個人的視点で書き綴ってみたいと思いま…

コラム・外資系企業の実態

私が今勤めている企業は外資系企業で、プロフィールにもそう書いています。 これは特に外資にいることに優越感を感じているからとかではなく、単に現在外資系に勤めていたり、今後外資で働きたいなと考えている人たちにこのサイトをアピールするのにいいかな…

(プロが教える年収アップ戦略②) GAFAの儲けに乗っかって年収を上げる方法

さて年収アップ戦略の2回目です。今回は具体的な戦略について書いていきたいと思います。 各回の記事はこちら↓ 特集:プロが教える年収アップ戦略 (戦略①) 基本的な考え方、年収上がり幅÷投下労力を最大化する (戦略③)東京で消耗する価値とは? (戦略④)未来…

ワーキングホリデーに行く前にやるべきこと、最低限の英語力はつけてから行きましょう!

今回はワーキングホリデー、いわゆるワーホリについて書きたいと思います。 ワーホリに行く前にやるべきこと、それは・・ 私がMBA取得のため海外留学していた時の話です。 たまたまワーキングホリデーに来ていた20代後半の日本人の女性と知り合いになりま…

本日は更新おやすみします!

こんばんは。 毎週木曜日更新の当サイトですがちょっと本業の採用業務の方が立て込んでいるので今週は一週間スキップします。 ウチは新卒はまだこれからなんですがたまたま中途や社内公募、さらに海外出張なんかが重なってしまってバタバタです。 採用は時々…

(C)2019 career-yoshinashi All rights reserved.

)