キャリアについてのよしなし

MBAで元エージェントの外資系採用マネージャーがキャリア形成のセオリーを解説します 毎週木曜を含む週1〜2回更新

社内公募とは?出世・年収へのメリット・デメリット

私は今後社内公募制度が日本で一般化すると考えています。そしてそれとともに自分の意思でキャリアを切り開いていなければならくなる時代がきます。 今回はそもそも社内公募制度とはなんぞや、といった話から始めてそのメリットデメリットや出世・年収への影…

エージェント評:リクルートエージェント(ここへの登録がお勧めできないケースも)

元エージェントの人による、エージェント評の第2回目です。いきなり今回は一番の大物(?)、リクルートエージェントです。 だいたい転職関係のブログだと「リクルートエージェントはお勧めです!登録しましょう!以上!」みたいな内容が多い気がするので、…

応募可能な求人が少ない場合に選ぶべきエージェントとは

なんかまだ8月だというのに既に若干秋の気配ですね。私は夏が苦手なので嬉しいです。 さて今日は「応募可能な求人案件が少ない時はどういうエージェントを選ぶべきか」というのがお題です。エージェントとの面談で、「実は希望される条件に沿う求人が少なく…

市場価値と現年収は別モノだし、年収予測はそこまでアテにならない

こういうサイトをやっているので最近色々な人の転職の日記とかツイッターとかを読むようになりました。 それで分かったんですが、 市場価値(マーケットバリュー) 市場価格(マーケットプライス、年収予測はこの一種) 現年収 の3つを混同している感じの人…

リソースが制約されると、思考も鈍る、という話(雑記)

今週は夏季休暇を頂いてまして通常更新はお休み、旅行先でのちょっとした気づきについて書こうかと思います。 ~~~ 昨年なかなか激務だったもので、今年はがっつりお休み頂いてヨーロッパに来ているのですが、そのヨーロッパ内の移動で生まれて初めてフラ…

デザインスクール・アートスクールへの進学、有りや無しや?

私は資格を盲目的に信じてキャリア形成するのは危険だと思っているんですけど、たまに何かの資格や学歴がニーズの波をとらえてやたらと大きなマーケットバリューを発揮することがあります。 たとえば2000年代中頃にUSCPA(米国公認会計士)の資格ブームがき…

将来も残る仕事を見極める方法【情緒価値×日本人メリット】

色々な自己投資とかマーケットバリュー向上に向けた選択・努力をするにあたって、どういう領域を選んでいくべきなのかというのははいつも悩ましいものです。そこで、将来もこういう領域は残るだろうから比較的おすすめしやすいですよ、というのが今回のお題…

大企業とベンチャー、より転職市場で評価されるのは

今週はドイツ人の上司が来日してて全然更新できませんでした。私の場合、ひとつのエントリーを作成するのに、①骨子のメモ作成→②文章化→③リライト→④ブログに掲載というステップを踏みます。骨子のメモはもう100エントリー分くらいあるんですけど、②③にいつも…

人脈づくり、いるのかいらないのか、採用Mgr.としての結論おしえます

先日20代の知人からこんな相談を受けました。 「会社の偉い人に『結局ビジネスで成果を出していこうと思ったら、最後にモノを言うのは人脈。絶対今から人脈作りをしておくべき』というアドバイスをうけて、いま色々な異業種交流会に顔を出して名刺交換して…

転職の決断に迷うとき、考えるべき3つのポイント

転職の決断に迷うとき、何を考慮して決めればいいの?年収は仕事の満足度に2%しか影響しない? 今日はハーバードビジネスレビュー英語版のウェブ記事から、 "Before You Agree to Take on New Work, Ask 3 Questions (新しい仕事への転職を決める前に、3つ…

30代以上でもキャリアチェンジを実現する3つの方法

基本的には30代以上のキャリアチェンジは難しいです。しかし方法がないわけではありません。ここでは30代以上でもキャリアチェンジを実現する3つの方法をご紹介しましょう。それは①「タテの拡張で動く」②「ジョブローテのある会社に潜り込む」③「人脈を使…

短期離職はどのくらいまで許容されるのか?【人事の本音】

転職してすぐに上司と致命的に相性が悪いことがわかったとき。転職してすぐにもともと聞いていた条件と異なることが発覚したとき。転職してすぐに法律違反が横行している職場だと判明したとき。 応募中にわからなかった思わぬギャップのために、入社早々辞め…

エージェント評:マイケルペイジ【採用Mgr.&元エージェントが語る】

エスです。 今後、採用マネージャー&元エージェントが語る、エージェント寸評 と題して、有力エージェントについての寸評記事をのせていきたいと思います。 私が元エージェントでこの業界への思い入れが強いということもありますし、プロフィールにも書きま…

キャリアについて20代のうちに決めるべきこと2つ(補足)~経理をやるなら出世を目指した方がトク?

前回のエントリーの続きです。 前回は「28歳までに住む場所と職種を決めることが大事」という話をしました。 職種は大きく分けて、 F = フロント(営業・販売など M = ミドル(マーケティング・物流など) B = バック(経理・人事など) I = イノベーション…

キャリアについて20代のうちに決めるべきこと2つ【転職?留まる?】

今回のテーマは「キャリアについて20代のうちに決めるべきこと2つ」です。そんな時間制限付きで決めなきゃいけないことなんてあるのでしょうか。そしてそれは何なのでしょうか?なぜ20代なのでしょうか?このあたりを採用マネージャー・元エージェント的な…

元エージェントの人が語る、あなたのエージェントが相談相手としては適切ではない(かもしれない)理由

私のボスはドイツ在住ドイツ人なのですが、あちらは記録的な猛暑なんだそうです。日本はなかなか暑くならないですね。私は暑いのが苦手なので全然いいんですが。 さて今日はライトなネタで、「エージェントが転職とかキャリアの相談相手として必ずしもふさわ…

キャリア形成の基本戦略、働きたくない人ほどマーケットバリューを高めるべき理由

今回は前回紹介した「自由度の高いキャリア」を形成していくための超大枠となる基本戦略をお話ししていきます。 年収アップを目指していくのであれ、ワークライフバランス等の価値観と合致したキャリアを目指していくのであれ、基本的には下の図の通り動いて…

幸福感を高めやすいキャリアとは?年収アップだけに傾倒してもダメな理由

エスです。今日はこういうお題について考えたいと思います。 そもそも今の時代において、幸福感を高める良いキャリアって何でしょうか? よく転職系ブログでは年収アップにスポットライトがあたりがちです。年収はたしかに大事ですが、それだけでいいのでし…

このサイトが提供する価値 & 自己紹介

はじめまして、エスです!このサイトではキャリア形成のための戦略、さまざまなセオリーをお伝えしていきます。 自己紹介 外資系企業(メーカー)で採用マネージャーをしています。今まで一貫して採用に関連した仕事をしてきています。新卒の時の年収が残業…

キャリア形成のセオリーとは?就職・転職の悩みは解決できる

キャリア形成にはセオリーや定石があります。これはそうしたセオリーや定石を解説するためのサイトです。 セオリーや定石を知ることで、就職や転職、異動といったイベントにつきものの不安を解消し、自信を持って意思決定することができます。 年収アップで…

(C)2019 career-yoshinashi All rights reserved.