キャリアについてのよしなし

元エージェントの外資系採用マネージャーがキャリア形成のセオリーを解説します 毎週木曜を含む週1〜2回更新

エージェント評:ロバート・ウォルターズ 持ってる案件、評判は?英語できない人は登録できる?

エージェント評、今回はロバート・ウォルターズです(正しくはロバート・ウォルターズ・ジャパン)です。 このロバート・ウォルターズ、ヘイズ・スペシャルリクルートメント・ジャパン(以下ヘイズ)、そして以前紹介したマイケル・ペイジの3社で日本におけ…

トヨタにおける中途採用の拡大と、生え抜きアドバンテージの消失

今日はこういう話をします。ズバリ、 これから生え抜きであることのアドバンテージが消失していくのではないか という話です。 10月3日の日経新聞紙面(※私は紙の新聞派です)にこのような記事が載っていました。(太字は私です) 自動車業界で自動運転など…

いま就職先として銀行を選ぶのはどうなのか、隠れたメリットや今後のキャリアパス

最近こういう相談を受けたのでご紹介します。 「かねてより金融業界に興味があり、晴れてメガバンクの一角での内定を得ました。しかし商業銀行の先行きについてはネガティブな観測が目につきます。銀行への就職についてどう思いますか」 3メガや大手地銀であ…

(コラム)向いている仕事を見つける難しさ、研究者になった友人のこと

私のライフワークの一つが、各ジャンルで一流だったり、生き残るのが難しいとされている職種で生き残り続けている人に「その仕事に向いている人ってどんな人だと思う?」という質問をぶつけることです。 このライフワークを続けているといかに多くの人が向い…

英語が今後も市場価値につながる理由とは【外資採用担当としての経験から】

AIや通翻訳アプリの精度が上がってきている昨今、果たして苦労して英語をやる必要性はあるのでしょうか?頑張って身につけた頃にはそんな英語力が無価値になってたり、なんてことはないのでしょうか? 英語に四苦八苦している方なら、こういう疑問を感じるこ…

転職マーケット展望(2019年9月)、転職マーケットはいつまで好調を維持するのか?

少し前から世界の景気、そして転職マーケットに変調の兆しが出てきていますね。 アメリカの経済のファンダメンタルは今のところ好調ですが、一方でサウジの石油施設への攻撃を受けて原油価格が上昇するなど、新たなリスク要因も出てきています。 今朝の日経…

リクナビショックと人材紹介の介在価値(時事ネタ)

いわゆるリクナビショック、つまりリクルートが学生の内定辞退の可能性を予測したデータを企業に販売していた問題が、中途採用にも飛び火しているようです。元エージェントとして少し考察したいと思います。 リクナビの場合、リクルートが顧客企業に応募者(…

(C)2019 career-yoshinashi All rights reserved.