キャリアについてのよしなし

MBAで元エージェントの外資系採用マネージャーがキャリア形成の戦略と定石を解説します 毎週木曜を含む週1〜2回更新

在宅勤務はマーケットバリュー向上のチャンス

明日から一都三県で緊急事態宣言が発令されるようですね。

 

私の場合前回の緊急事態宣言からずっと在宅勤務を続けているのですが、少なくない会社が緊急事態宣言が解除されて以降は再び通常出勤に戻していたように思います。私の付き合いのあるエージェントなんかもそういうところが多かったですね。

 

しかし今回ふたたび政府も在宅勤務を奨励していますし、このタイミングで再度在宅勤務に切り替わるという方も多いのではないでしょうか。

f:id:career-yoshinashi:20200429152302j:plain

さて在宅勤務というのは自己投資してマーケットバリューを高めていく非常に良い機会です。当たり前ですが通勤時間がまるまるなくなるわけですから。仮に片道1時間通勤なら往復2時間、30分なら1時間を捻出できます。

 

以下の記事でくわしく説明していますが、年収を上げていくのは実はそんなに難しいことではなくて、基本的には景気が悪い時にじっくりマーケットバリューを上げておき、景気がよくなったときに売りに出す(=転職する)、これだけでかなり実現できます。

www.career-yoshinashi.com

前回も書きましたが今はそこまでマーケットがよくないので、特に強い不満がないのなら現職にとどまっておけば良いのです。その代わりにちゃんとマーケットバリューを高めるための手立てをしておく。このマインドが大事です。

 

さて前回の宣言時に、いわゆる「おうち時間」を使ってあれをやろう、これをやろうと色々決意したもののイマイチやる気がでなかったという類の話をちらほら読みました。やはりずっと家にいてメリハリがないとやる気を出しづらいのはあるかもしれません。

 

ここで非常に上手に自己投資した例をあげましょう。これは私の実際の知り合いの例ですが、彼は前回の宣言の間、やはり在宅勤務になりました。

 

それでどうしたかというと、一切生活パターンを変えなかったんですね。もともと朝8時に家を出るために7時に起床していたそうなんですが、そのまま7時に起床。いろいろ準備して、8時〜9時を自宅通勤と称して勉強に充てました。6時に仕事を切り上げて、やはり自宅通勤で6時〜7時に勉強。

f:id:career-yoshinashi:20191020131412p:plain

彼のお勤めの会社がもともと無料のオンライン学習教材を提供していたので、それを利用してもともと自分の興味のあった領域について1ヶ月勉強を続けたところ、その領域で仕事をしてもどうにかなるんじゃないかと思ったそうです。

それで宣言解除後に、関連する社内公募に応募して見事キャリアチェンジを果たしました。

 

非常にキャリアについて自律的ですし、素晴らしい事例だと思いましたね。

 

特に今回、緊急事態宣言のお尻をひとまず1ヶ月後に定めているようですから、それまでの短期集中と思って勉強したりすれば思った以上に良い時間を過ごせるのではないかと思います。

 

また私のようにずっと在宅になっている人も、このタイミングで一度気分を切り替えて、何かテーマ設定して1ヶ月がんばるというのはいいと思います。

 

なんせ冬で日照時間も短いですし、ずっと家にいるは正直気が滅入るものですが、せっかくだから良い時間の使い方をしたいものですね。

(C)2019 career-yoshinashi All rights reserved.

)