キャリアについてのよしなし

MBAで元エージェントの外資系採用マネージャーがキャリア形成の戦略と定石を解説します 毎週木曜を含む週1〜2回更新

専門家がマイケルペイジの特徴と評判を紹介します【外資系】

f:id:career-yoshinashi:20201027235055p:plain

今回はマイケルペイジを取り上げます。私はこれまで採用担当として150以上のエージェントとやりとりしたことがありますが、そんな経験を活かして、マイケルペイジの強みとする領域、コンサルティングの特徴、評判などをお伝えします。

概要

f:id:career-yoshinashi:20201027235143p:plain
マイケルペイジはイギリス発祥の外資系転職エージェントです。

会社名 XXXXX株式会社
創業 XXX年
従業員数 XXX年
コンサルタント数 XXXX人
オフィス所在地 XXXX人
公式 リンク

2018年時点でのコンサルタント(キャリアアドバイザー)の数は160名ほど。規模でいうと、近いカテゴリーのロバート・ウォルターズより少し小さいくらいと思われますが(あちらはコンサルタント数非公開)、まぁ似たような規模といって良いかと思います。

同じく外資系のロバート・ウォルターズヘイズといった大手エージェントもイギリス系です。アメリカは国土が広すぎるのか、州とか地方ごとに強い転職エージェントが分かれている感じです。新聞と同じですね。あとアメリカはIndeedとLinkedIn、社員紹介(リファーラル)のシェアが強いですね。そんなわけで日本に進出している有力外資系エージェントはイギリス系が多いです。

あとこちらは日本にあるオフィスは東京だけですね。神谷町にきれいなオフィスがあります。神谷町は外資系企業の街なので、ここがアクセス良い方も多いでしょう。

大阪などに在住の方はロバート・ウォルターズやヘイズを使うしかないですね。

カバーしている業界

カバーしている業界を見てみましょう。

メーカー
IT・通信
金融・コンサル
ヘルスケア
消費財・サービス

基本的にまんべんなくあらゆる業界をカバーしています。ただしここは特にIT系に強みを持っているのが特徴的でしょう。

強みとする年齢ゾーン

【XXXの強みとする年齢ゾーンチャート】

f:id:career-yoshinashi:20200711203201p:plain

マイケルペイジは特に年齢帯を絞ることなく対応しているエージェントです。若手だからといって登録を断られるようなことはありません。

強みとする領域

上述したようにITは特に強みをもっています。また以前より経理・財務系も得意としているので、この同職種の方であれば登録を検討する価値があります。

 


コンサルティングのスタイル

f:id:career-yoshinashi:20200711211254p:plain

社風ですが外資系の例にもれず結構ガツガツしている印象です。その変わり対企業交渉力も相当強い部類だと思います。採用担当としては彼等の相手をするのは疲れる時があります(笑)。

プロによる寸評

上述したように、社風としてはヘイズほどではないものの結構ガツガツ交渉してくれる感じです。私自身以前ココ経由で転職してオファーをもらったことがあったのですが、気が付いたら年収交渉してくれていて提示額が100万上がってました。まぁでもこれも良し悪しかなと思います。


割とはっきり意見を伝えてくるタイプのコンサルタントがおおいので、おっとり転職活動をしたい方であればそんなにお勧めしませんが、自分を強く持てるタイプで年収を上げていきたいならアリなんじゃないでしょうか。 

ネットの口コミ

 

 

登録・利用までの流れ

 


※上記は筆者の主観に基づく評価です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業界・職種はおおむねなんでもござれというタイプですが、まぁホワイトカラー系ばっかりですね。

 

 

 

 

 

(C)2019 career-yoshinashi All rights reserved.

)