キャリアについてのよしなし

MBAで元エージェントの外資系採用マネージャーがキャリア形成の戦略と定石を解説します 毎週木曜を含む週1〜2回更新

マーケットバリュー

マーケットバリュー(市場価値)を上げるコツや戦略、考え方などを解説します。

絶対食いっぱぐれないキャリアの作り方、マーケットバリューの上げ方④

マーケットバリュー(人材市場価値)を上げるための戦略、第4回です。これまでの記事はこちら。 ① 〜中世ヨーロッパで胡椒を売ろう〜 ②特化と拡張の最適化 ③転職市場で選ばれる人材になるための2つのやり方 これまでの内容をまとめると、マーケットバリュー…

転職市場で選ばれる人材になるための2つのやり方、マーケットバリューを高める戦略③

少し前のエントリーになりますが マーケットバリューを高めるための基本的な指針として専門領域に特化する方向性と専門領域を拡張していく方向性、この2つを最適化しましょうという話をしました。 www.career-yoshinashi.com ということで今回はマーケット…

特化と拡張の最適化、マーケットバリューを高める戦略②

いろいろな人がマーケットバリューの高め方についていろいろなことを唱えていますが、その人の成功体験に根ざしたものだったりするもので、元エージェントとしてはこれはあまり一般化できないのでは、と感じたりします。それはなんのためのマーケットバリュ…

マーケットバリューを上げる戦略① 〜中世ヨーロッパで胡椒を売ろう〜

ということで予告通り、マーケットバリューを上げていくための基本的な戦略について解説していきます。今回のキーワードは「中世ヨーロッパで胡椒を売ろう」です。 マーケットバリューの上げ方、これは極端に言えば一人ひとり異なるわけですが、一方で私が何…

競争力のあるキャリアを作るのは難しくない、学ぶことさえ止めなければ

新型コロナウイルス禍は私たちの日常風景をすっかり変えてしまいました。新聞を見れば「歴史的」「史上初」「過去最多」といった形容詞がならび、1ヶ月先の状況さえ十分に見通せません。 いわゆるVUCA、変化が大きく(Volatile)、不確実で(Uncertain)、複…

ITのプログラマー・エンジニアはどこに住むべきか

前々回のエントリーでは 給料を上げたいと思うなら、まずは一にも二にも住む場所を変えること そしてそれはソフトウェアなどのイノベーション型産業が集積している場所、日本ならズバリ圧倒的に東京 ということを書きました。 今回はその補足みたいな話です…

英語の市場価値をプロが解説【転職?年収アップ?】

●英語力をつけることでどのくらい転職しやすくなるの?英語力が有利になる職種は?●年収アップにつながるって本当?●AIや通翻訳アプリの精度が上がってきてるけど英語力は無駄にならないの? ・・・現役の外資系採用マネージャーの私がこうした疑問に答えましょ…

自己投資のコツ、どんなスキルに投資するのがおすすめか

今回はマーケットバリューの上げかた、 特に社会人の自己投資のコツについて、私がリアルオプション自己投資と呼んでいる手法をご紹介します。 【目次】 自己投資の上手な人・下手な人 自己投資のリスク面とは 自己投資の2つのリスク ①環境変化リスク ②実際…

社内公募とは?出世・年収へのメリット・デメリット

私は今後社内公募制度が日本で一般化すると考えています。そしてそれとともに自分の意思でキャリアを切り開いていなければならくなる時代がきます。 今回はそもそも社内公募制度とはなんぞや、といった話から始めてそのメリットデメリットや出世・年収への影…

市場価値と現年収は別モノだし、年収予測はそこまでアテにならない

こういうサイトをやっているので最近色々な人の転職の日記とかツイッターとかを読むようになりました。 それで分かったんですが、 市場価値(マーケットバリュー) 市場価格(マーケットプライス、年収予測はこの一種) 現年収 の3つを混同している感じの人…

デザインスクール・アートスクールへの進学、有りや無しや?

私は資格を盲目的に信じてキャリア形成するのは危険だと思っているんですけど、たまに何かの資格や学歴がニーズの波をとらえてやたらと大きなマーケットバリューを発揮することがあります。 たとえば2000年代中頃にUSCPA(米国公認会計士)の資格ブームがき…

将来も残る仕事を見極める方法【情緒価値×日本人メリット】

色々な自己投資とかマーケットバリュー向上に向けた選択・努力をするにあたって、どういう領域を選んでいくべきなのかというのははいつも悩ましいものです。そこで、将来もこういう領域は残るだろうから比較的おすすめしやすいですよ、というのが今回のお題…

キャリア形成の基本戦略、働きたくない人ほどマーケットバリューを高めるべき理由

前回は幸福度の高いキャリアを実現するために「自由度の高いキャリアを目指そう」という話をしました。 www.career-yoshinashi.com それを踏まえて今回は紹介した「自由度の高いキャリア」を形成していくための超大枠となる基本的な戦略の枠組みをお話しして…

(C)2019 career-yoshinashi All rights reserved.